メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

主将が意気込み 注目のキャプテントーク

昨年のキャプテントークの様子。早稲田実の清宮幸太郎主将が注目を集めた=2017年3月9日、小関勉撮影

15日午後4時半からサイトで生中継

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)出場36校の主将が一堂に会する「キャプテントーク」が15日午後4時半から、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれる。公式サイト「センバツLIVE!」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)では、キャプテントークの模様を生中継する。

 キャプテントークは組み合わせ抽選会前日の恒例行事で、出場校の主将が司会者の質問に答えるなどして、自らのチームを紹介する。

 今大会は、史上3校目の春連覇を狙う大阪桐蔭(中川卓也主将)、5年前は部員わずか5人だった富島(中川大輝主将)、21世紀枠で初出場の由利工(畑山陸翔主将)や伊万里(犬塚晃海主将)など話題校が目白押し。どんな意気込みを語るか注目だ。

 組み合わせ抽選会は16日午前9時から。大会は23日に開幕し13日間の熱戦を繰り広げる。「センバツLIVE!」では抽選会と全35試合をライブ中継する。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです