メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

東筑の母、最後の丸刈り 球児と交流30年

石田投手を丸刈りにする長野さん=八幡西区東筑で、2018年3月14日午後8時16分、木村敦彦撮影

「きよみ理容館」店主、長野さん 3月末閉店に

 第90回記念選抜高校野球大会(23日開幕)に出場する東筑高校(北九州市八幡西区)の野球部員と30年以上交流を続け「おかあさん」と慕われてきた「きよみ理容館」店主、長野順子さん(69)が区画整理に伴い今月末閉店し、はさみを置く。14日夜「最後の大仕事」としてエース、石田旭昇(あきのり)投手や松山智乃助主将(共に2年)を丸刈りに。「このクリクリ頭が甲子園を駆け巡ると思うとうれしい」と目を潤ませた。

     野球部の練習が終わった14日午後8時過ぎ。石田投手と松山主将が同校近くの店を訪れた。笑顔で出迎えた長野さんは手際良くバリカンを滑らせ、丸刈りに仕上げた。

     登下校のたびに店に立ち寄り「甲子園でのプレーを見て」と話していた石田投手。「いつも通りの投球でいいんよ。焦らずに投げるんよ」。そう長野さんに声を掛けられ「丸刈りで心身ともにすっきりして、ようやく甲子園だなという気分。おかあさんのためにも勝って校歌を歌います」と誓った。

     松山主将も長野さんに親身に接してもらったことを感謝している。主将就任直後の昨秋「あんまり無理しなさんな。みんなと一緒に頑張ればいいんよ」と励まされ、その言葉を胸に大役を務めてきた。

     店は1987年に当時の野球部主将が訪れて以来、部員の「行きつけ」。甲子園出場のたびに、無料で全部員を数日がかりで丸刈りにして送り出してきた。店内には、部員たちがプレーする写真や甲子園出場のペナントなどが所狭しと飾られている。

     店の「最後の春」に最高のプレゼントとなった20年ぶりのセンバツ出場。甲子園に応援に行くつもりだという“東筑の母”は「こうして子供たちと過ごしてきた時間が宝物。会えなくなるのはさみしいけれど、私は世界一幸せだと思う」とほほ笑んだ。【木村敦彦】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

    4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

    5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです