メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

「早く試合がしたい」 初出場校意気込む

(前列左から)中央学院主将、乙訓主将、由利工主将、伊万里主将、下関国際主将、(後列左から)明秀日立田主将、日本航空石川主将、おかやま山陽主将、松山聖陵主将、富島の中川主将=毎日新聞大阪本社で2018年3月16日

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

     フレッシュな顔ぶれの注目カードが次々--。第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)に出場する36校の主将らが16日、大阪市内で開かれた組み合わせ抽選会に臨んだ。初出場校10校のうち、23日の開幕日に明秀日立(茨城)が27年ぶりの瀬戸内(広島)と、第2日は日本航空石川(石川)が59年ぶりの膳所(ぜぜ)(滋賀)とそれぞれ初戦を迎える。第6日は乙訓(おとくに)(京都)とおかやま山陽(岡山)の初出場校同士が対戦する。

     明秀日立は1日1000回の素振りに加え、夕食に1キロの白米を食べ切る体作りで昨秋、関東大会準優勝を果たした。増田陸主将は「緊張感はあるが、早く試合がしたい。打って打ちまくる自分たちの野球で日本一を目指す」と誓った。

     日本航空石川の小坂敏輝主将は「簡単な試合にならないと思う。センバツの雰囲気にのまれないよう平常心で戦いたい」と話し、膳所の石川唯斗主将は「相手の戦力はチェック済み。自分たちらしいデータ野球を大事にしたい」と意気込んだ。

     他にも初出場校からは初戦を心待ちにする声が相次いだ。「相手は強豪なので挑戦者の気持ちで臨みたい。とてもワクワクしている」。第7日に星稜(石川)との初戦を迎える富島(宮崎)の中川大輝主将は笑顔で話した。同じ公立校で、21世紀枠の由利工(秋田)の畑山陸翔(りくと)主将は、日大三(東京)との対戦に向け「どのチームよりあいさつを礼儀正しくやりたい」と話した。

     21世紀枠で初出場の伊万里(佐賀)は第4日、史上3校目の春連覇を狙う大阪桐蔭(大阪)と初戦を迎える。犬塚晃海(てるみ)主将は「テレビでしか見たことがないチームで光栄。注目されることを力に変えたい」と目を輝かせた。大阪桐蔭の中川卓也主将は「全員が連覇に向けて気持ちを一つにしている」と力を込めた。

     また、選手宣誓は、瀬戸内の新保(しんぽ)利於(りお)主将に決まった。人前で話すのは苦手といい「試合より緊張すると思う。高校生らしく、さわやかに大きな声で宣誓したい」と語った。【センバツ取材班】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

    2. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

    3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    4. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

    5. 墜落の737MAX、ソフトにまた不具合 運航再開遅れる可能性 ボーイング公表

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです