メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

大阪桐蔭主将「人の思いを背負って」

キャプテントークで質問に答える大阪桐蔭の中川卓也主将=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2018年3月15日午後5時32分、加藤佑輔撮影

 23日開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)を前に、出場36校の主将らが意見を交わす「キャプテントーク」が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社・オーバルホールで開かれた。苦労話や周囲への感謝、間近に迫ったセンバツへの意気込みなどを語り合った。

 個性豊かなメンバーをまとめていく苦労を語ったのは、創成館(長崎)の峯圭汰主将(2年)。ストレスが重なり、「いつもより多く食べていたのに、気付くとやせていた」と振り返った。膳所(滋賀)には、対戦校の戦力分析が専門の「データ班」が2人おり、石川唯斗主将(同)は「データで実力差を縮められる。甲子園に行けるのは2人のおかげ」と笑顔を見せた。

 聖光学院(福島)の矢吹栄希主将(同)は、大阪桐蔭(大阪)の中川卓也主将(同)に「相当なプレッシャーの中で、何のために戦っているのか」と質問。中川主将は「去年の夏(3回戦・仙台育英戦)のサヨナラ負けがあったからこそ、今年の春、夏を勝てたと言えるようにしたい。自分や親、すべての人の思いを背負って試合をしている」と答えた。

 高知は前日に負傷した島内優成主将(同)に代わり、エースの中屋友那副主将(同)が参加。中屋副主将は「島内の分は自分の投球でカバーする」と力を込めた。主将らは、16日午前9時から始まる組み合わせ抽選会に臨む。【青木純、畠山哲郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです