メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

STRONG

’18センバツ東邦 初戦は岩手・花巻東 両監督、主将の話 /愛知

 <第90回記念選抜高校野球>

    しっかり守り抜く 東邦・森田泰弘監督

     花巻東は走攻守においてバランスのとれたチームという印象。チームの仕上がりは順調なので普段の力を出し切ってもらえれば問題ない。バッテリー中心にしっかり守り抜く野球をしたい。

    冬の成果発揮する 東邦・稲留克哉主将

     相手のことは全く知らない状態。情報収集から始める。この冬はチーム全員がバットを振り込んできたので打ち勝つ自信はある。冬の成果を甲子園でどう発揮できるかが初戦の勝敗を決める。

    まず初戦勝ちたい 花巻東・佐々木洋監督

     本塁打の多い強打のチームである東邦。対戦が決まり、驚いている。まともにいくとやられてしまう。何とか投手でほんろうしたい。まずは初戦を勝ち、勢いに乗る。チーム状態は悪くない。

    チーム力発揮する 花巻東・菅原颯太主将

     東邦は打撃も投手も力がある。こちらとしては、チーム力を発揮して戦っていけるかどうかだと思う。最初から最後まで気が抜けないような試合を展開したい。岩手から日本一を目指す。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト