メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

組み合わせ抽選 いざ36校の頂点へ 監督の話

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

    日大三・小倉全由監督

     21世紀枠と対戦するのは(準優勝した)2010年の1回戦の山形中央、2回戦の向陽(和歌山)以来。昨年より打線は小ぶりだがしつこい。序盤で点をとって持ち前の強打で主導権を握りたい。

    智弁和歌山・高嶋仁監督

     (日程は)一番いいところでは。(日曜で)お客さんも入り、思い切ってやれる。富山商はしぶとい印象。うちは打力が注目されるが、今年はバランスの取れたチーム。守りもしっかりやりたい。

    静岡・栗林俊輔監督

     駒大苫小牧は(明治神宮大会で)大阪桐蔭と接戦していて実力のあるチーム。相手を意識しすぎず、自分たちの力を出したい。甲子園では2日目の試合がこれまでも多く、日程的には慣れている。

    駒大苫小牧・佐々木孝介監督

     ずっと対戦相手が決まらなかったので終始ドキドキしていた。2年連続出場の静岡に対して、うちの選手たちは初の甲子園。練習でやっていることを出したい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

    5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです