メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

慶応-彦根東 歴史ある進学校対決

選抜高校野球組み合わせ決まる(16日)

 慶応と彦根東は歴史が古く進学校という共通点が多い学校同士の対決となった。学校創立は慶応が1858年、彦根東が1876年で出場校中1、2番目の長い歴史を誇る。慶応の主将・下山が「文武両道対決。似たような学校として頑張りたい」と言えば、彦根東の主将・高内も「お互い歴史のある高校。OBの方も含めていい試合になるのでは」。チームカラーも似ているだけに、ライバル心を一層強くしていた。(共同)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    3. 警視が百貨店でカニ缶など万引き 山形県警が窃盗容疑で逮捕

    4. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです