メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

「相手は決まった!」監督ひとこと

選抜高校野球組み合わせ決まる(16日)

 駒大苫小牧・佐々木孝介監督 ずっと対戦相手が決まらなかったので終始ドキドキしていた。2年連続出場の静岡に対して、うちの選手たちは初めての甲子園。練習でやっていることをしっかり出したい。

     静岡・栗林俊輔監督 駒大苫小牧は(明治神宮大会で)大阪桐蔭と接戦していて実力のあるチーム。相手を意識しすぎず、自分たちの力を出したい。甲子園では2日目の試合がこれまでも多く、日程的には慣れている。

     日本航空石川・中村隆監督 膳所はデータを駆使してくる印象がある。粘り強い野球をしてくるので、慌てずにやりたい。五回までに点差を広げられる展開にできれば。目指してきた打ち勝つ野球をやりたい。

     膳所・上品充朗監督 日本航空石川は強い相手。打たれるのは仕方がないが、お客さんがため息をつくようなエラーをすると、試合の流れが悪くなる。足を使って積極的に守り、いいリズムを作れれば。

     智弁和歌山・高嶋仁監督 (日程は)一番いいところでは。(日曜で)お客さんも入り、思い切ってやれる。富山商はしぶとい印象。うちは打力が注目されるが、今年はバランスの取れたチーム。守りもしっかりやりたい。

     富島・浜田登監督 自分たちの野球ができずに終わらないよう、いかに平常心でプレーさせられるか。星稜の分析はこれからだが右の好投手が2人いる。県立校が勝てば、全国の公立校に勇気を与えられるのでは。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト