メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

秋の地区王者6校ひしめく…サイドA

選抜高校野球組み合わせ決まる(16日)

 サイドAは秋の地区大会で優勝した6校が入る激戦区になった。昨秋の公式戦で無敗の明徳義塾と関東王者の中央学院は好投手対決。明徳義塾の右横手・市川は全10試合を完投し、防御率1.35と完成度が高い。対する中央学院の大谷は最速145キロ右腕で潜在能力が高い。

     駒大苫小牧は足を絡めた攻撃が持ち味。前回大会経験者が7人いる静岡は投打のバランスがいい。聖光学院は長打力がある打者がそろう。対する東筑は石田が右横手から投げ、打ちづらい。日本航空石川は上田を軸に攻撃的な野球を展開するだけに、膳所は右腕・手塚の出来にかかる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

    3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

    5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです