メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストロングスタイル!

センバツ・おかやま山陽 選手紹介/15 池田透生外野手(2年) 足生かし、きっと勝つ /岡山

おかやま山陽の池田透生外野手=浅口市金光町で、益川量平撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

     「短距離を全速力で走ることが好き」と白い歯がこぼれる。小学生の頃から足の速さには自信があり、50メートルを6秒前半で走る脚力はチーム屈指だ。その足を生かした盗塁が得意で、「すぐにスタートを切れるように、相手投手の癖を見ている」と明かす。

     課題は打撃面。家に帰ってからも毎日素振りを100回するほか、バドミントンのシャトルを竹製のバットで打つ練習を重ねて向上に努めている。

     趣味は釣りで、海でタコやイカを釣って食べたりしている。将来の夢は消防士だ。好きな教科は国語で、文章を読むことが好きな一面もある。試合前にチョコレート菓子「キットカット」を食べるのがルーティン。【益川量平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト