メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

赤星さんが思い出を披露 シンポジウム

 選抜高校野球大会が90回を迎えるのを記念したシンポジウム「“センバツ”新世紀へ~高校野球の未来を語ろう~」が18日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、約350人が聴き入った。

     トークショーでは、野球評論家の赤星憲広さんが第65、66回大会に連続出場した思い出などを披露。「2年連続でエラーをして嫌な思い出ばかりだったが、おかげで今の自分がある」と振り返った。

     パネルディスカッションでは、社会人野球の茨城ゴールデンゴールズ監督兼選手、片岡安祐美さんらが加わった。今大会から導入されるタイブレーク制度、女子野球の普及など、野球人口減少の中での高校野球の将来像をさまざまな観点から話し合った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

    2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

    3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

    4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

    5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです