メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風吹かせ!

’18センバツ/選手紹介 東海大相模・2年 渡辺健士郎一塁手 /神奈川

渡辺健士郎一塁手

 <春風(しゅんぷう)吹かせ! 第90回記念選抜高校野球>

    体格を生かし長打 東海大相模・2年渡辺健士郎一塁手

     182センチ、82キロ。「小さいころから何もしなくても当たれば飛んだ」と、恵まれた体格を生かした長打が持ち味だ。「チームで一番量を食べられる自信がある」と自他ともに認める大食漢だが、けがの間に体重が増えすぎたため、お米を茶わん一杯に抑える食事制限中。1年で10キロ近く落として、体が軽くなったという。

     大きな声で強気の姿勢を前面に出す野手の中では、異色のおっとりとした性格。仲間をあおる声が絶えず聞こえる練習中もあまり声を出せず、昨秋の試合では「投手の気持ちに負けてしまった」。

     「勝負ごとには良くない。気持ちをもっと前に出してフルスイングで長打を打つ。甲子園で優勝したい」。言葉に力を込めた。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト