メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18センバツ・高きを仰ぐ

静高2年連続の挑戦 母校にエール 夢中で輝いて 佐藤あゆみさん /静岡

 <第90回記念選抜高校野球>

    NHK静岡放送局アナウンサー・佐藤あゆみさん(24)

     高校3年生だった2011年の夏、甲子園のアルプススタンドでテナーサックスを演奏しました。前日夜にバスで学校を出発し、翌朝5時に着きました。スタンドに入った瞬間の景色が印象に残っています。空の青や、芝の緑など、目にした全ての色が濃く鮮明に感じました。

     私は吹奏楽部でした。自主練習をしていた自転車置き場から、グラウンドで汗を流す選手を毎日見ていました。「彼らが目指していた場所はここなのか」との思いもあり、涙がこぼれました。

     1回戦は習志野(千葉)と対戦しました。クラスメートが最終回に登板しました。けがに苦しみながら頑張る姿を見ていた分、「良かったね、やっと立てたんだね」とうれしさがこみ上げました。

     結果は敗戦でしたが、「ここまで連れてきてくれてありがとう」と選手には感謝の気持ちでいっぱいでした。

     学校には、野球部の皆さんがとんでもない量の練習に取り組んできた日々を知る「味方」が大勢います。甲子園では、自分のため、仲間のために、夢中で輝いてください。【聞き手・大谷和佳子】=随時掲載

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト