メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストロングスタイル!

センバツ・おかやま山陽 選手紹介/17 小川皓大捕手(2年) 声出して全力プレー /岡山

おかやま山陽の小川皓大捕手=岡山県浅口市金光町で、益川量平撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

     小学1年の時、米大リーグのオールスター戦を見たのが野球を始めたきっかけだ。モットーは、誰よりも声を出すことと全力プレー。周りにいる選手たちを笑顔にするムードメーカーだ。

     明るい性格の持ち主で、投手を気持ち良く投げさせられる。一方で配球が課題だ。「相手打者に的を絞らせないようにするにはどうすれば良いか」と、昨秋の公式戦で正捕手だった川上雅稀選手(2年)に相談したりする。

     趣味は歌うこと。仲間たちと球場へ向かうバスの中では、男性グループ「湘南乃風」の歌をノリノリで歌ってチームを盛り上げる。将来の夢は、小学校の野球チームの指導者になること。母親が作った甘口のカレーが好物だ。【益川量平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト