メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

「打球も飛ぶし投げやすい」中央学院・大谷

打撃練習をする中央学院の大谷=阪神甲子園球場で2018年3月19日、久保玲撮影

 甲子園練習第2日(19日)

     中央学院の「二刀流」大谷は「打球も飛ぶし、(マウンドは)すごく投げやすい」と初体験となる甲子園の印象を語った。投げては140キロ中盤の本格派右腕で、打っても高校通算25本塁打のスラッガー。マウンドでは直球を中心に10球投げて感触を確かめ、打撃も左中間に低く鋭いライナーを放つなど仕上がりの良さを見せた。関東王者として挑んだ昨秋の明治神宮大会は明徳義塾(高知)に敗れた。その相手と甲子園初戦での再戦に「リベンジして、できるだけ多く勝ちたい」と力を込めた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト