メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

監督対談 明秀日立・瀬戸内、きょう対戦 /茨城

健闘を誓い握手する明秀日立の金沢成奉監督(右)と瀬戸内の長谷川義法監督=阪神甲子園球場で

 <第90回センバツ>

     第90回記念選抜高校野球大会で、初出場の明秀日立は初日の第3試合(23日午後3時半開始予定)で瀬戸内(広島)と対戦する。明秀日立の金沢成奉監督(51)と瀬戸内の長谷川義法監督(49)に初戦への意気込みを聞いた。【川崎健、小山美砂】

    明秀日立・金沢監督 先取点挙げ主導権/瀬戸内・長谷川監督 持ち味の守備力で

     --相手チームの印象は。

     金沢監督 浴本一樹投手(3年)、門叶直己選手(同)を中心に投打の軸がしっかりしている。

     長谷川監督 投手を中心とした守備力に加え、総合的に力のあるチームだと思う。

     --警戒している選手は。

     金沢監督 門叶選手。彼の前に無駄な走者を出さないことが大切だ。

     長谷川監督 増田陸選手(3年)。彼を出塁させると、チームが勢いづいてしまう。

     --理想の試合展開は。

     金沢監督 先取点を挙げて主導権を握りたい。

     長谷川監督 持ち味の守備力を生かして、ロースコアに抑えたい。

     --自チームで鍵を握る選手は。

     金沢監督 細川拓哉投手(3年)が良い状態で投球できるかが鍵を握る。

     長谷川監督 門叶選手が好機を生かせるかが重要になってくる。

     --初戦への意気込みを。

     金沢監督 勝ち負けにこだわりつつ、自分たちの打ち勝つ野球を展開したい。

     長谷川監督 いつも通り落ち着いて、何がなんでも勝ちにいく。

    毎日新聞のアカウント

    8月10日の試合

    話題の記事

    関連サイト