メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

きょう開幕 球春、胸躍る

室内練習場で選手宣誓の練習をする瀬戸内の新保利於主将(中央)=阪神甲子園球場で2018年3月22日、久保玲撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

     兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会は、東筑(福岡)-聖光学院(福島)の開幕試合で、13日間(準々決勝翌日の休養日1日を含む)の熱戦が幕を開ける。22日の開会式のリハーサルは、雨の影響でグラウンドの状態が悪いため人工芝で入場行進を行った。過去最多に並ぶ出場36校の選手たちが参加し、その後は観客席で選手宣誓時の動きなどを確認した。

     23日の開会式は午前9時から。入場行進曲の「今ありて」に合わせて、前回優勝の大阪桐蔭、同準優勝の履正社(大阪)の浜内太陽主将に続き、残る35校が駒大苫小牧(北海道)を先頭に北から順に入場する。選手宣誓は、瀬戸内(広島)の新保利於(しんぽ・りお)主将が行う。始球式は、1988年ソウル五輪競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリストで、スポーツ庁の鈴木大地長官が務める。

    宣誓リハ「緊張で60点」

     ○…瀬戸内・新保主将は球場で2回、室内練習場で1回、選手宣誓のリハーサルを行った。練りに練って前日完成したという宣誓には家族や友人、チームメートへの感謝の気持ちを込めたが、「緊張で文章が飛んでしまった」と苦笑い。「徐々に慣れたけど、まだ60点。本番はしっかりしたものをやりたい」と気を引き締めた。開会式後の第3試合に初戦を迎えるが、「宣誓の方が緊張すると思うので、試合は平常心でできる」と前を向いた。

    準優勝旗と1人の行進

     ○…前回準優勝の履正社の主将・浜内が1人でリハーサルに臨んだ。開会式で準優勝旗を返還するため、グラウンド内の人工芝を行進し「チーム全員で歩きたかった。去年の決勝で大阪桐蔭に負けた悔しさが少しよみがえった」と振り返った。昨秋は近畿大会1回戦で智弁和歌山との打ち合いに敗れ、センバツには選出されなかった。大阪桐蔭の選手と話をしたという浜内は「同じ大阪のライバルだが、精いっぱい頑張ってほしい」と、エールを送った。


    全試合を動画中継

     公式総合サイト「センバツLIVE! 2018」(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/)で全試合を動画中継します。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト