メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

「ベスト尽くす」瀬戸内・新保主将が宣誓

選手宣誓をする瀬戸内の新保利於主将=阪神甲子園球場で2018年3月23日、森園道子撮影

 90回の記念大会となったセンバツは23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。前日まで雲に覆われていた空もこの日は晴れ上がり、選手たちの入場行進や国歌独唱、選手宣誓の度に、銀傘は大きな拍手に包まれた。球児らの13日間の春が始まった。

 開会式で選手宣誓した瀬戸内(広島)の新保利於(しんぽ・りお)主将(3年)は「高校生らしく、大好きな野球ができることへの感謝を伝えられた」と笑顔を見せた。

 人前で話すのは大の苦手。組み合わせ抽選会で宣誓を引き当てた時は不安だったが、「小学生の時から憧れた舞台で大役を果たせる」と気を引き締めた。夕食や点呼の度、チームメートの前に立ち、1日100回以上の読み上げ練習をこなし、本番を迎えた。

 伝えたかったのは「支えてくれる人への感謝」。中学時代は右肘の故障に苦しみ、レギュラーに定着できなかったが、両親は「利於は大丈夫、頑張れ」と励まし続けてくれた。「参加できるのは家族や友人、仲間のおかげ」と、いつも思っていることを素直に宣誓に盛り込んだ。

 瀬戸内では守備の要でもあり、27年ぶりのセンバツ出場を決めたチームを引っ張る。開幕日第3試合が初戦。「試合より緊張する宣誓が無事終わった。自分たちの野球をして初戦を突破したい」と意気込んだ。【小山美砂】

宣誓の全文


 我々選手一同は、第90回という記念すべき大会に参加できることを喜ばしく思います。そして、応援してくださっている学校関係者、大切な家族、友人、チームメートの支えに感謝しています。この甲子園では3989校の代表として、大好きな野球ができることに感謝し、ゲームセットの瞬間まで、ベストを尽くし、感動を与えるようなプレーをすることを誓います。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト