メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

3投手継投で国学院栃木 粘る英明を降す

三回表国学院栃木2死一、二塁、毛塚が右中間2点三塁打を放つ(投手・黒河)=阪神甲子園球場で2018年3月23日、久保玲撮影

 第90回記念選抜高校野球大会初日の23日は1回戦3試合。第2試合は、国学院栃木(栃木)と英明(香川)が対戦。初回に先制した国学院栃木が、自慢の3投手の継投で逃げ切り、英明を3-2で降した。

 ○国学院栃木(栃木)3-2英明(香川)●

 序盤で3点リードを奪った国学院栃木が逃げ切った。一回に失策絡みで1点先制し、三回は2死一、二塁、毛塚の中堅右への適時三塁打で2点を加えた。投手陣は渡辺と宮が制球力を生かして要所を締めた。英明は四回1死満塁から押し出し四球と中川の投手強襲適時内野安打で2点を返したが、2番手以降を攻略できなかった。

 国学院栃木・柄目直人監督 (自身が4強入りした2000年以来の勝利に)縁を感じる。渡辺は回の途中からだったが、落ち着いて投げてくれた。

 英明・香川智彦監督 外野のエラーなど心配していた通りのことが起きた。先取点が欲しかった。チャンスもいっぱいあったのに拙攻ですね。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト