メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

監督対談 航空石川と膳所、きょう対戦 /石川

健闘を誓い握手する膳所の上品充朗監督(左)と日本航空石川の中村隆監督=阪神甲子園球場で、森野俊撮影

 <センバツ2018>

     第90回記念選抜高校野球大会で、初出場の日本航空石川は第2日の第3試合(24日午後2時開始予定)で膳所(滋賀)と対戦する。日本航空石川の中村隆監督(33)と膳所の上品充朗監督(48)に互いのチームの印象や意気込みなどを聞いた。【日向梓、森野俊】

    一戦必勝、全力で挑む 航空石川・中村監督/選手の力、全てを出す 膳所・上品監督

     --相手校の印象は。

     中村監督 (投手の)手塚(皓己)君(3年)が上から投げ下ろす独特なフォームで対策が立てにくい。彼を中心に粘り強く戦うので、それにはまらないようにしたい。

     上品監督 北信越のチャンピオンで投打ともにレベルが高い。特に4番の上田(優弥)君(3年)を中心として打線が強力。

     --自チームの状態は。

     中村監督 冬場は思うように練習ができなかったが、練習試合を重ね、順調に仕上がってきた。

     上品監督 テストや入試で練習ができない時期もあったが、ここ1週間でやるべきことがはっきりしてきた。

     --鍵を握る選手は。

     中村監督 上田。1年生の時から公式戦に出ていて、彼が打てばチームに流れがくる。

     上品監督 手塚。打つ方のレベルが高くないので、強打をどう抑えるかが重要。

     --意気込みを。

     中村監督 一戦必勝で初戦から全力。自分たちの全てを出せば、結果は後から付いてくる。

     上品監督 元から実力のないチームで失うものはない。せっかく甲子園で戦わせてもらえるので、負け方を考えるのではなく選手の力を全て引き出せるようにしたい。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト