メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストロングスタイル!

センバツ・おかやま山陽 開会式 胸張り元気に行進 甲子園の雰囲気楽しむ 第6日に初戦 /岡山

堂々と入場行進をするおかやま山陽の選手たち=阪神甲子園球場で、猪飼健史撮影

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。大観衆が見守る中、おかやま山陽の選手たちも開会式に臨み、胸を張って元気よく行進した。

     選手たちが入場してくると、スタンドから見守っていた井元将也(しょうや)選手(3年)の父雅之さん(47)は「息子が行進している姿を見て、たくましくなったと思った。チームの勝利に貢献するような活躍をしてほしい」と感激した様子だった。小野剛昌選手(3年)の妹で、春から高校に進学する花梨(かりん)さん(15)は「家では優しい兄が行進している姿はかっこよかった。兄らしいプレーをしてほしい」とエールを送った。

     開会式終了後、祢元太陽(ねもとたいよう)主将(3年)は「観客が多くて緊張したが、甲子園の雰囲気を楽しめた。試合の日までに調子を上げたい」、利光康生(こうせい)選手(同)は「カメラがたくさんあって、少し恥ずかしかった。本番では好機で1本打ちたい」と意気込んでいた。

     初戦は大会第6日の第2試合で乙訓(おとくに)(京都)と対戦する。【益川量平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト