メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18センバツ・高きを仰ぐ

静高快勝3回戦へ 監督・主将の話 /静岡

 <第90回記念選抜高校野球>

    静高のよさ出た 栗林俊輔監督

     今日はいいところで打ってくれた。特に斎藤右翼手の1本目の三塁打で吹っ切れたと思う。春投手には慌てずに投げろと声を掛けた。失策もなく互いによくカバーしてくれ、静高の良さが出たと思う。

    失策なしも勝因 黒岩陽介主将

     春投手が最後までよく投げてくれ、狙った通りに打ち取ることができた。失策0だったことも勝因につながったと思う。次戦も自分たちのプレーができるよう、しっかり準備したい。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト