メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

日本航空石川10-0膳所 データ超え、航空石川

【膳所-日本航空石川】六回裏日本航空石川無死一塁、上田が右翼線への適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月24日、平川義之撮影
八回裏日本航空石川無死一塁、打者・小板の時に三塁手が三遊間に、遊撃手が二塁ベース後方にいる膳所の守備シフト=久保玲撮影
【膳所-日本航空石川】一回表膳所2死一塁、川村が中前打を放つ阪神甲子園球場で2018年3月24日、森園道子撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

    第2日(24日・阪神甲子園球場)

     ○…2回戦…○

     ▽午後1時44分開始(観衆3万3000人)

    膳所(滋賀)

      000000000=0

      00020215×=10

    日本航空石川(石川)


     日本航空石川は投打がかみ合い、11安打10得点で大勝。投手陣は先発・重吉がコーナーを突く制球力で七回まで試合を作り、杉本、大橋が1回ずつを無安打無失点に抑えた。膳所はエースの手塚が三回まで1安打投球を披露したが、中盤以降は持ちこたえられず、六回以降は毎回失点。打線も4安打で援護できなかった。

    データ超え 航空石川

     データに基づいた膳所の極端な守備シフトに、日本航空石川の選手らは驚いた。4番・上田の打席では、遊撃手が二塁ベース後ろを守り、三塁手が三遊間に。左翼手は中堅近くまで寄って守っていた。一回、本来なら中前に抜けそうな当たりが遊撃手の正面を突いた。「うわー。そこに人(が)いるか」。ゴロに終わり、上田はうなった。

     データ分析専門の部員を置く膳所。相手の各打者の打球方向を予測し、打者ごとに内外野の守備位置を変えるデータ野球の術中に、航空石川打線ははまりかけていた。

     四回1死一塁からの上田の打席でも、極端なシフトは同じだった。それでも、初球の変化球を迷わず振り抜いた。打球は左中間深くへ。膳所の左翼・星田は予測通り、ほぼ落下地点にいた。ただ、予測できなかったのは、その打球のスピードだった。「今まで見たことないぐらい速い打球で対応できなかった」。今度は星田が驚く番だった。

     打球は星田の頭上を越え、適時二塁打となった。先制点を呼び込んだ上田は「強い打球で野手の頭を越えれば、データのシフトは関係ない」と確信したという。六回は原田、上田の長短打などで再び2点。完全に主導権を握った。

     今年の日本航空石川は打力に自信を持ち、バント策をほぼとらない攻撃型のチーム。大会屈指の強力打線が膳所の頭脳を打ち砕いた。【浅妻博之】

    成長誓う待望の一本 川村いつき一塁手=膳所・3年

     待望の一本が飛び出した。一回2死一塁から中前打。好機を一、三塁に広げた。4番ながら昨秋は公式戦無安打だっただけに「結果が出てよかった」。

     夏を含めても40年ぶりの甲子園。「Z」の人文字が浮かび上がった満員のアルプス席からの声援に押されて打席に向かった。一塁到達後に「打席では集中して分からなかった」というスタンドの盛り上がりに気づいた。だからこそ、試合後は「期待してくれた人たちに、初勝利を喜んでほしかった」と残念がった。

     冬場はヘッドが下がりすぎないよう打撃フォームの修正に取り組んだ。続く2打席は走者を置いた場面で凡退し、九回には代打を送られた。「ああいう場面で流れを変える打撃ができる選手に成長したい。終盤は野手陣の集中力が落ちた」。課題をはっきり見据えていた。【野村和史】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

    2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

    3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

    5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです