メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

きょうの見どころ 第3日

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

     (左が一塁側。都道府県名の下は昨秋の成績とチーム打率)

     ○…2回戦…○

     ▽第1試合(9時)

    明徳義塾  - 中央学院

    (高知)    (千葉)

    四国優勝    関東優勝

     ・352   ・305

     抜群の安定感を誇る明徳義塾の右横手・市川と、明治神宮大会で市川から本塁打を放った大谷ら中央学院打線との対決が焦点だ。競った展開になれば、試合巧者の明徳義塾に一日の長がある。中央学院は好機で一気に畳み掛けたい。

     ▽第2試合(11時半)

    富山商   - 智弁和歌山

    (富山)    (和歌山)

    北信越4強   近畿準優勝

     ・294   ・372

     智弁和歌山は昨夏の甲子園で本塁打を放った左の強打者・林ら中軸に迫力があり、得点力は高い。心配は大会直前に体調不良になった右腕・平田の状態。打力で劣る富山商は右腕・沢田が失点を最小限に食い止め、ロースコアに持ち込みたい。

     ▽第3試合(14時)

    智弁学園  - 日大山形

    (奈良)    (山形)

    近畿8強    東北4強

     ・423   ・272

     智弁学園は足を絡めた攻撃を仕掛け、丁寧に投げる左腕・伊原、球威のある右腕・川釣とタイプの異なる投手を擁する。日大山形は単打を重ねる攻めが特徴で、佐藤洸は力投型の右腕。どちらも粘り強いチームだけに終盤までもつれそう。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

    2. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

    3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    4. 頭に10カ所、両足の裏に40カ所の傷…結愛ちゃん虐待 詳細明らかに

    5. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです