メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

主砲・谷合サヨナラ弾で明徳 中央学院降す

【明徳義塾-中央学院】九回裏明徳義塾2死一、二塁、谷合が逆転サヨナラとなる3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月25日、渡部直樹撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第3日の25日は2回戦3試合。第1試合は、初出場の中央学院(千葉)と、昨秋の明治神宮大会を制した明徳義塾(高知)が対戦。接戦となったゲームは、明徳が最終回の主砲・谷合のサヨナラ本塁打で中央学院を7-5で破って初戦を突破した。

 ○明徳義塾(高知)7-5中央学院(千葉)●

 明徳義塾が今大会初のサヨナラ勝ち。1点を追う九回2死無走者から、田中の中前打、渡部の死球で一、二塁とし、谷合が中越えに3点本塁打を放って逆転した。先発の市川は5失点したものの毎回奪三振の力投。中央学院は八回1死満塁から高鹿、西村の適時打で4点を奪って一時は逆転したが、エース大谷が最後に力尽きた。

 明徳義塾・馬淵史郎監督 勝てたんかな、そんな気持ち。2死走者無しから、ようつないでくれた。谷合は試合を決める4番らしい働きをしてくれた。

 中央学院・相馬幸樹監督 本塁打の前のファウル(にタイミング)が合っていただけに、最後の1球が悔やまれる。足りないものを突き詰めて夏に必ず借りを返したい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです