メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

明徳義塾7-5中央学院 両監督の話

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

    明徳義塾・馬淵史郎監督

     勝てたんかな、そんな気持ち。2死走者無しから、ようつないでくれた。谷合は試合を決める4番らしい働きをしてくれた。

    中央学院・相馬幸樹監督

     本塁打の前のファウル(にタイミング)が合っていただけに、最後の1球が悔やまれる。足りないものを突き詰めて夏に必ず借りを返したい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    4. NHKBS1とBSプレミアムを統合 ネット常時同時配信で見直し迫られ

    5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです