メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

大阪桐蔭20安打で14点 伊万里に大勝

【伊万里-大阪桐蔭】一回裏大阪桐蔭2死二塁、根尾(奥)に適時三塁打を許し、打球の行方を追う伊万里の山口修=阪神甲子園球場で2018年3月26日、猪飼健史撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第4日の26日は2回戦3試合。第2試合は、大阪桐蔭(大阪)と、21世紀枠の伊万里(佐賀)が対戦。春連覇を狙う大阪桐蔭が先発全員の20安打で14点を奪い伊万里を14-2で降して初戦を飾った。

 ○大阪桐蔭(大阪)14-2伊万里(佐賀)●

 大阪桐蔭が20安打14得点で大勝した。一回、宮崎、青地の連続長短打で先制。さらに根尾の左翼への適時三塁打などで計5点を挙げた。二回は根尾の中前2点適時打などで3点を加え、試合を決めた。先発・柿木は球威があり、6回無失点で10奪三振。伊万里は投手が力不足で大量失点し、打線も2点を返すのがやっとだった。

 大阪桐蔭・西谷浩一監督 打者がつなぐ意識を持てた。最後は相手の勢いに押されて粘られ、守りの甘さがあった。大会中の成長が連覇への鍵になる。

 伊万里・吉原彰宏監督 大阪桐蔭はそつがなく、力が違い過ぎる。(終盤に2得点し)点差が開いても最後までまとまってやれたのは非常に良かった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです