メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

智弁和歌山の東妻、一打で試合の流れを…

富山商・沢田の暴投で生還する智弁和歌山の東妻=阪神甲子園球場で2018年3月25日、猪飼健史撮影

 ○智弁和歌山(和歌山)4-2富山商(富山)●

 智弁和歌山は8番・東妻の一打で試合の流れを引き寄せた。同点の四回1死から、富山商・沢田の高めに浮いたスライダーを左越え三塁打とすると、続く小堀への暴投で生還した。

 二回2死一、三塁の好機ではスライダーを打ち損じて中飛に終わっており、「スライダーが多かったので待っていた」。捕手としての鋭い読みが生きた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです