メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

中央学院、初舞台で堂々 転任コーチに感謝

バックネット裏で観戦する中央学院の羽豆恭コーチ=阪神甲子園球場で2018年3月25日、渡部直樹撮影

 ○明徳義塾(高知)7-5中央学院(千葉)●

 第90回記念選抜高校野球大会第3日の25日に登場した中央学院(千葉)のコーチ、羽豆恭(はず・たかし)さん(28)は、4月から日本航空高校(山梨)の教諭になるため退任する。中央学院OBで、寮生の面倒を見るなど選手と多くの時間をともにしてきた。この日は明徳義塾(高知)にサヨナラ負けを喫したが、「今年の関東大会は春に千葉、秋は山梨で開かれる。そこで再会し、ともに甲子園を目指したい」と、今後も良きライバルになると誓った。

 羽豆さんは現・相馬幸樹監督(38)のもとで中央学院エースとして活躍。大学卒業後は独立リーグ「BCリーグ」でプレーしながらプロを目指したが、2014年に引退した。

 「野球はもうやめよう」。そう考えていたころに誘ったのが相馬監督だった。「若い選手に何か伝えられることがあるのではないか」。不動産会社への就職も決まりかけていたが、監督のその言葉に背中を押され、コーチの道を選択した。

 相馬監督の勧めで、教員免許取得のために再び大学にも通い始めた。日中に講義を受け、夕方以降グラウンドに。夜は居酒屋アルバイトで生計を立て、寮に寝泊まりして選手の生活もサポートした。

 畔柳舜(くろやなぎ・しゅん)投手(2年)は「話しやすくて優しい。付きっきりでキャッチボールもしてくれた」と振り返る。痛みを訴える選手にマッサージをするなど優しい人柄が慕われ、センバツ初出場が決まった際は、ともに喜びを分かち合った。

 日本航空高校への赴任が決まったのは昨年7月に練習試合をした縁から。同校監督は羽豆さんと同じ大学の出身で、チームに投手を経験したコーチがいなかったため誘いを受けた。教員免許を取得し、今月で中央学院を離れることが決まった。

 センバツは4月に入ってからも続くため、ナインは「大会を勝ち抜き、羽豆さんとの別れを大阪でしたい」と明徳義塾戦で奮闘。終盤に逆転し一時はリードも奪った。羽豆さんは試合後、「甲子園まで連れてきてくれたことに本当に感謝したい」と、善戦したナインをねぎらった。【富美月】

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト