メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

日大山形の渡部捕手、好球必打の勝負強さも

五回表日大山形2死三塁、渡部が中前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月25日、渡部直樹撮影

 ○智弁学園(奈良)5-3日大山形(山形)●

 案外冷静だった。日大山形の渡部雅也捕手(2年)。先頭打者として右打席に入った四回。追い込まれてからの6球目、真ん中に来た135キロの直球を豪快に振り抜き、左翼フェンス直撃の二塁打として好機を演出した。「左足を小さく踏み込み、球を呼び込むようにじっくりと右足に体重を乗せてボールに力を伝えることを意識した」。公式戦で初めて4番に入り、チーム初の長打で勢いづけた。

 182センチ、84キロの恵まれた体格と背筋力220キロのパワーが長打の秘訣(ひけつ)だが、好球必打の勝負強さもある。五回に2死三塁から放った勝ち越しの中前適時打は、前の打席で二塁打した直球ではなく変化球。攻め方を変えられても器用に対応して、得意の左腕から2安打してみせた。

 社会人のプリンスホテルで強打の外野手として活躍した荒木監督からは、最後まで振り切る意識をたたき込まれている。スラッガーとして憧れる指揮官の前で結果を出し、「自分らしさを4番で発揮できた」。大きな自信をつかんだ様子だった。【浅妻博之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです