メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

彦根東が慶応との接戦制し3回戦進出

【彦根東-慶応】八回表彦根東2死一、三塁、高内が左越え3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月28日、長谷川直亮撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第6日の28日は2回戦3試合。第1試合は、彦根東(滋賀)と慶応(神奈川)が対戦。終盤八回に高内の3点本塁打で逆転した彦根東が慶応を4-3で降してセンバツ初勝利。3回戦進出を決めた。

 ○彦根東(滋賀)4-3慶応(神奈川)●

 彦根東がシーソーゲームを制した。六回1死満塁から山岡の二ゴロで1点を先取。1点を追う八回は朝日の三塁打と山岡の四球などで2死一、三塁とし、高内の左越え3ランで逆転した。左腕・増居は要所で直球がさえて3失点完投。慶応は七回に善波の左中間2点適時打で一時リードしたが、左腕・生井が踏ん張れなかった。

 彦根東・村中隆之監督 接戦をイメージして後半勝負に持って行けてよかった。(昨秋から打順を組み替え)ちょっとした変化が大きな成果につながった。

 慶応・森林貴彦監督 甲子園で勝つには足りないものがあると痛感した。(八回は)同点まではいいと思ったが、3ランは予想できなかった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト