メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18センバツ・高きを仰ぐ

静岡、全力プレーに拍手 強豪相手に粘り見せ 監督・主将の話 /静岡

 <第90回記念選抜高校野球>

    試合結果は実力差 栗林俊輔監督

     (試合結果は)実力差。春は落ち着いて立ち上がりから投げられた。彼の持ち味は出せた。相手投手は球速以上に切れがあり、捉えきれなかった。守備はミスがあったので、取れるアウトはしっかり取れるようにしたい。

    もう一回鍛え直す 黒岩陽介主将

     打線は積極的にいけたが、相手の球を捉えることができなかった。春は若干球が抜けていたが、硬さはなかった。夏にまた甲子園に出るため、もう一回鍛え直してやっていきたい。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト