メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

航空石川 原田のサヨナラ3点弾で初の8強

【日本航空石川-明徳義塾】九回裏日本航空石川無死一、二塁、原田が逆転サヨナラとなる3点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年3月30日、森園道子撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第8日の30日は3回戦3試合。第1試合は、日本航空石川(石川)と、昨秋の明治神宮大会を制した明徳義塾(高知)が対戦。中軸の3点本塁打で土壇場の九回に逆転した日本航空石川がセンバツ初勝利に続いて、3回戦をサヨナラ勝ちで突破、初めてのベスト8進出を決めた。

 ○日本航空石川(石川)3-1明徳義塾(高知)●

 日本航空石川は0-1の九回、井川の右前打と四球で無死一、二塁とし、原田の左越え3ランでサヨナラ勝ちした。先発・杉本はチェンジアップが良く、八回途中1失点と好投。大橋、重吉が無失点で救援した。明徳義塾は八回に暴投で1点を先取したが、九回1死満塁の好機を逃したのが響き、エース市川が最後に力尽きた。

 日本航空石川・中村隆監督 (サヨナラ3ランに)ちょっとフワフワしている。選手は全然あきらめていなかった。打った瞬間、ガッツポーズをしました。

 明徳義塾・馬淵史郎監督 九回(1死満塁)の攻撃ですね。スクイズのサインを出していたんですけど……。併殺になって、嫌な予感はしていた。

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト