メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

延長サヨナラ花巻東 菊池以来9年ぶり8強

【彦根東-花巻東】好投した花巻東2番手の伊藤=阪神甲子園球場で2018年3月31日、山崎一輝撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第9日の31日は3回戦4試合。第2試合は、花巻東(岩手)と彦根東(滋賀)が対戦。今大会2回目の延長戦となった試合は、九回まで無安打に抑えられていた花巻東が延長十回に決勝点をあげて彦根東を降し、サヨナラ勝ちで準々決勝に進んだ。花巻東は、西武の菊池雄星投手を擁し準優勝した81回大会以来9年ぶりの8強。

 ○花巻東(岩手)1-0彦根東(滋賀)●(延長十回)

 花巻東が唯一の好機を生かしてサヨナラ勝ち。延長十回、紺野のチーム初安打となる右前打を足場に無死満塁とすると、藤森の中犠飛で決勝点を挙げた。

 彦根東は左腕・増居が直球、スライダーを制球良く両コーナーに集めて九回まで無安打無得点に抑える快投を見せたが、打線が花巻東の2番手・伊藤を打ちあぐねた。

 花巻東・佐々木洋監督

 (九回まで増居に無安打無得点)まったく手がつけられなかった。投手がよく守ってくれた。こういう試合を勝つのが大事。

彦根東・村中隆之監督

 好機を生かせなかった監督の責任。増居は力みが抜け、テンポも良く、甲子園を自分の庭のように投げていて頼もしかった。

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

4月4日の試合

話題の記事

関連サイト