メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

花巻東の右腕・西舘 苦い甲子園デビューに

【花巻東-大阪桐蔭】花巻東2番手の西舘=阪神甲子園球場で2018年4月1日、森園道子撮影

選抜高校野球 ○大阪桐蔭(大阪)19-0花巻東(岩手)●

 花巻東の2年生右腕・西舘は苦い甲子園デビューとなった。4点リードされた二回に2番手で登板したが、先頭の柿木の右越え三塁打を皮切りにこの回に5長短打を浴びるなど、2回あまりを投げて7失点。甘い直球を痛打されて「力で勝負できる状態じゃなかった」と実力不足を痛感した。OBの菊池雄星(西武)や大谷翔平(米エンゼルス)の付けた出世番号と言われる背番号17を背負い、昨秋は29回余りを投げて防御率1・52と活躍。期待の大型右腕は「フォームから見直したい」と出直しを誓った。

毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト