メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

OBの手作りグラブが支えた甲子園

梅原和晃さんが作ったグラブを愛用する(左から)阿部翔選手、中屋友那投手、山崎蓮選手=高知市尾立の高知グラウンドで、岩間理紀撮影

 第90回センバツで戦った高知。明秀日立(茨城)の前に敗れたが、甲子園を駆け抜けた選手たちの活躍の裏側には、「グラブ」で支える力強いOBの支援があった。高知高野球部元主将で昨年5月に高知県四万十町に工房「グローブ・ミット工房KAZ」を開いたグラブ職人、梅原和晃さん(29)は、選手たちに合わせたオーダーメードのグラブや職人の技術で、後輩たちを支援した。【岩間理紀】

 須崎市出身の梅原さんは、主将として同級生の秦泉寺力仁コーチ(29)らとともに、2006年夏の高知大…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです