メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生野球審査室

高校7件、大学1件の処分決める

 日本学生野球協会は10日、東京都内で審査室会議を開き、高校7件、大学1件の処分を決めた。高校は、中学生に面接入試の質問事項などを提供しようとしたとして、京葉工(千葉)の監督が3月7日から2年間の謹慎処分を受けた。

     東海大北海道は、3月の合宿中に未成年部員14人と入部予定の高校生15人が飲酒したとして、3月21日から春季リーグ戦開幕前日の4月29日までの対外試合禁止処分になった。

     他の高校の処分は次の通り。(肩書は当時)

     【謹慎】盛岡中央(岩手)の監督 酒気帯び運転、事故=2月9日から1年間▽校名非公表のコーチ 部内暴力など=3月2日から無期限▽京華(東京)の監督 新入生徒練習参加規定違反=3月17日から1年間▽岩見沢緑陵(北海道)の監督 不祥事の隠蔽(いんぺい)=3月22日から1年間▽桐生西(群馬)の責任教師 酒気帯び運転、事故=3月2日から1年間▽大東(島根)の監督 部内暴力=3月14日から3カ月

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 米軍機 超低空訓練 岩手の住宅地 サイトに動画投稿
    3. ORICON NEWS メカゴジラとガンダムが夢の対決 『レディ・プレイヤー1』映像公開
    4. セブン-イレブン・ジャパン 5500店で電力会社変更
    5. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]