メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季県大会 開幕 昨年Vの広島新庄、近大福山2回戦へ /広島

 春季県高校野球大会(県高校野球連盟、県教委主催、毎日新聞広島支局など後援)が14日開幕した。県内6球場で1回戦13試合、2回戦3試合があり、前回優勝の広島新庄や近大福山などが勝ち上がった。

     みよし運動公園野球場(三次市)であった開会式で、山田剛司・県高野連会長は「さわやか野球の精神で、真摯(しんし)な戦いを」とあいさつ。庄原実の川崎凌平主将(3年)が「日ごろの練習の成果を存分に発揮し、全力プレーで戦い抜くことを誓います」と宣誓した。

     大会には45校が出場。15日は2回戦13試合が予定されている。決勝は29日午前10時から、福山市民球場(福山市)で行われる。


     【1回戦】

     崇徳4-2武田▽三原12-5向原▽広島工7-0安佐北・賀茂北・湯来南▽広島商8-1尾道東▽呉6-3盈進▽広陵16-7広島国泰寺▽近大福山7-3賀茂▽庄原実6-5宮島工▽広島新庄14-0因島▽大竹9-0尾道▽尾道商12-0沼田▽如水館10-3美鈴が丘▽吉田14-5総合技術

     【2回戦】

     福山誠之館10-7呉商▽呉工6-2福山工▽広島工大高9-1神辺

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
    2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
    4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
    5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]