メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

チャレンジマッチ 明徳義塾、サヨナラV 高知商、先制も及ばず /高知

【高知商-明徳義塾】九回裏明徳義塾2死一、二塁、中隈がサヨナラ打を放つ=高知市春野町芳原の県立春野球場で、松原由佳撮影

 第71回春季四国地区高校野球大会の出場順位を決めるチャレンジマッチが15日、県立春野球場(高知市春野町芳原)であった。14日の予備戦で勝ち上がった明徳義塾と、春季県予選優勝校の高知商が対戦。明徳義塾の中隈廉王(れお)選手(3年)が左前サヨナラ打を放ち、8-7で高知商に勝利した。県1位校の明徳義塾と2位校の高知商は、来月3日に同球場と高知市営球場で開幕する四国大会に出場する。

     明徳義塾は6点を追う二回裏、中隈選手の左前適時打などで3点を返すと、小刻みに点を重ね、八回には2死二塁から渡部颯太選手(3年)の適時三塁打で同点に。同点のまま迎えた九回裏2死一、二塁、中隈選手が左前適時打を放ち、勝負を決めた。

     高知商は一回表2死一、二塁、山崎大智選手(2年)の適時三塁打で2点を先制。二回に4点を加えると、さらに五回に1点追加して突き放したが、明徳義塾の反撃を許した後は、持ち直した市川悠太投手(3年)の前に打線を封じられた。【松原由佳】

     ▽チャレンジマッチ

    高知商

      240010000=7

      031001111=8

    明徳義塾

     (高)近澤、真城、尾崎-乗松龍

     (明)林田、市川-安田

    ▽三塁打 山崎2(高)中隈、渡部(明)

    ▽二塁打 乗松龍、藤高(高)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    2. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]