メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

チャレンジマッチ 明徳義塾、サヨナラV 高知商、先制も及ばず /高知

【高知商-明徳義塾】九回裏明徳義塾2死一、二塁、中隈がサヨナラ打を放つ=高知市春野町芳原の県立春野球場で、松原由佳撮影

 第71回春季四国地区高校野球大会の出場順位を決めるチャレンジマッチが15日、県立春野球場(高知市春野町芳原)であった。14日の予備戦で勝ち上がった明徳義塾と、春季県予選優勝校の高知商が対戦。明徳義塾の中隈廉王(れお)選手(3年)が左前サヨナラ打を放ち、8-7で高知商に勝利した。県1位校の明徳義塾と2位校の高知商は、来月3日に同球場と高知市営球場で開幕する四国大会に出場する。

 明徳義塾は6点を追う二回裏、中隈選手の左前適時打などで3点を返すと、小刻みに点を重ね、八回には2死…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです