メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

「打ち勝てるチームに」 おかやま山陽、センバツ報告 毎日新聞岡山支局 /岡山

 第90回記念選抜高校野球大会に出場したおかやま山陽(浅口市)の原田一成(かずなり)校長や祢元太陽(ねもとたいよう)主将(3年)らが20日、毎日新聞岡山支局を訪れ、辻中祐子支局長に大会の結果を報告した。

     おかやま山陽はセンバツ初出場。初戦で対戦した乙訓(おとくに)(京都)に敗れたが、一時リードするなど精いっぱいのプレーを見せた。

     祢元主将は熱戦を振り返り、「高いレベルで野球ができてよかった。ミスを無くして打ち勝てるチームになりたい」と夏に向けて巻き返しを誓った。原田校長は「強い相手を知ることは、選手たちにとっても良いこと」と述べた。対戦した乙訓の応援が球場の雰囲気を変えるものだったといい、おかやま山陽らしい新しい応援方法を考えていることも明かした。【益川量平】

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト