メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

「緊張感よみがえる」 明秀日立野球部員、写真展を見学 /茨城

 第90回記念選抜高校野球大会で2勝を挙げた明秀日立の野球部員が29日、日立市役所を訪れ、甲子園での戦いを振り返る写真展「明秀日立 躍進の軌跡」(毎日新聞水戸支局、茨城県東部毎日会、スポーツニッポン新聞社主催)を見学した。

     同校は前日、春季県大会の初戦を突破したばかり。この日はセンバツでベンチ入りした18人が見学した。得点場面や、好プレーなどの写真20点を食い入るように見詰め、自分の写真を見つけると自然と笑みがこぼれた。

     エースの細川拓哉投手は3回戦の大阪桐蔭戦でソロ本塁打を放った瞬間をとらえた写真に「あの時の感触は残っている。センバツの緊張感がよみがえった。もう一段レベルアップしてまた甲子園に行きたい」と気持ちを新たにした。会期は5月6日までの午前9時~午後5時(休庁日の30日、5月3、4日は除く)。入場無料。【仁瓶和弥】

        ◇

     会場でアンケートに答えていただいた方の中から、抽選で50人に「明秀日立 センバツ出場記念ボール(ケース入り)」をプレゼントします。

    毎日新聞のアカウント

    8月17日の試合

    話題の記事

    関連サイト