メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

底辺拡大へ24事業 200年構想

 日本高校野球連盟と朝日新聞社、毎日新聞社の3者で作る「高校野球200年構想協議会」は16日、大阪市内で記者会見を行い、野球未経験者などへの普及など24事業を発表した。少子化に加え、子どもたちの野球離れが進む中で、そうした傾向への歯止めと野球の底辺拡大に取り組む。

 今年度はリーディングプロジェクトとして9事業を優先的に実施する。野球に触れる機会を増やすために子ども向けのティーボール教室の実施▽けが予防を目的とした高校の指導者や部員向けの講習会の開催▽小中学校の野球団体と連携する協議会の設立--などで、これらを行う都道府県高…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです