メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/1(取材後記)部活指導にやりがい見いだす教員も

日没後に体幹トレーニングを始める公立校の選手たち。指導者も遅くまで指導することになる=仙台市内で2018年5月15日午後6時59分、佐藤裕太撮影

 「時間的な余裕は確かになくなるけど、部活(の指導)は働きがいで、生きがいなんだけどね……」。宮城や群馬など県教委のガイドラインを策定した地方の野球部指導者の多くから、こうした声を聞いた。

 教員が部活動の指導で長時間労働を強いられ、特にそれが未経験の競技の場合、心身共に大きな負担になる。だが、取材した高校野球指導者に限れば、「生徒の向上心のために、練習は減らしたくない」…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです