メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/1(取材後記)部活指導にやりがい見いだす教員も

日没後に体幹トレーニングを始める公立校の選手たち。指導者も遅くまで指導することになる=仙台市内で2018年5月15日午後6時59分、佐藤裕太撮影

 「時間的な余裕は確かになくなるけど、部活(の指導)は働きがいで、生きがいなんだけどね……」。宮城や群馬など県教委のガイドラインを策定した地方の野球部指導者の多くから、こうした声を聞いた。

 教員が部活動の指導で長時間労働を強いられ、特にそれが未経験の競技の場合、心身共に大きな負担になる。だが、取材した高校野球指導者に限れば、「生徒の向上心のために、練習は減らしたくない」…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです