メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/1 練習減 運用模索 生徒の意欲と両立悩み

練習に励む公立校の球児たち=仙台市内で2018年5月15日、佐藤裕太撮影

 高校野球をする環境が以前より厳しくなっている。練習時間の制約や金銭的な負担の増加、部員不足……。その原因を掘り下げると、社会情勢の変化などさまざまな外的要因が見えてくる。第6部では、制限された現場の実態を報告する。

 ほぼ毎朝行われる練習で打撃を磨く仙台三(宮城)の選手たち。だが、この朝練習は近い将来、なくなるかもしれない。

 宮城県教委は3月末に「朝練習の原則禁止」を打ち出した。最終的な運用は現在、各校に委ねられ、同校は禁…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1215文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです