メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/2 「騒音」住民が苦情 練習や試合、近隣に配慮

野球部の活動予定を渡す王子総合のマネジャー=安田光高撮影

 慣れた手つきで集合ポストにA4用紙のプリントを入れていく。先月下旬、東京都北区にある王子総合の女子マネジャーたちが学校周辺のマンションや店舗など約300軒に配ったのは、野球部の活動予定表。朝練習や自校グラウンドでの練習試合の実施日などが記されており、一昨年5月から3カ月に1回配布している。

 練習中や試合中の選手の掛け声やバットの金属音に対し、近隣の一部住民から何度も苦情を受けるようになったのを機に、地域の理解を得ようと始めたものだ。市川幸一監督(57)は「その住民は夜に仕事をしているため、朝に音がすると寝られないということだった」と説明する。前身の王子工は部員が少なかったが、2011年に総合高校として開校後は野球部の活動が活発になり、そうした環境の変化も苦情の背景にあったという。

 苦情対策として土日曜日の練習試合では、相手校の了解を得て必要最低限の指示以外は声を出さない「無音試…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文922文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです