メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/3 重い経済的負担 遠征費増で「物品販売」

カタログを見ながら、物品販売の準備を進める高千穂の後援会メンバーたち=長宗拓弥撮影

 苦渋の決断を迫られている。岩手県沿岸部にある宮古商は今夏の練習試合を減らす方針だ。山崎明仁監督(38)は「貸し切りバスの値段が高く、厳しい」と苦悩する。大会出場や遠征に使うバスの料金が近年、チームに重くのしかかる。

 2012年の関越道で起きた高速ツアーバス事故を機に国は安全対策に着手し、14年に安易な低料金を認めない方針を打ち出した。山崎監督は「以前は1日6万円ほどで借りられたが、今は10万円弱はかかる」と明かす。

 宮古商は自校のグラウンドが手狭なため、練習試合はほぼ相手校へ出向く。土日曜日は保護者が運転するが、…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 富田林逃走 樋田容疑者、窃盗数十件を捜査へ 大阪府警
  3. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
  4. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)
  5. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです