メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4 入試改革の余波 減る部員、苦難と工夫

廃校になった小学校のグラウンドでトス打撃をする堀川の選手たち=石川裕士撮影

 大分駅から山あいのJR豊肥線で50分。三重町駅から徒歩15分ほどの距離に、豊後大野市内唯一の高校の三重総合がある。2006年に4校が統合して開校。野球部員数はかつて1学年で30人を超えたが、今年の新入部員は7人だけ。那賀誠監督(51)は「豊後大野市内で目を付けていた選手は5人とも大分市の高校へ入った。全県1区の影響もあると思う」と苦笑する。

 文部科学省によると、昨春時点で24都府県が学区を撤廃。大分県は08年度から「全県1区」を導入して県内全高校に進学可能になり、豊後大野市の中学生がそれまで別学区だった大分市の高校を選択できるようになった。各校の野球部員数(マネジャーを含む)について08~12年度と13~17年度の平均を比較すると、三重総合は25人減少。逆に大分市内は2桁増の学校もあった。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです