メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4 入試改革の余波 減る部員、苦難と工夫

廃校になった小学校のグラウンドでトス打撃をする堀川の選手たち=石川裕士撮影

 大分駅から山あいのJR豊肥線で50分。三重町駅から徒歩15分ほどの距離に、豊後大野市内唯一の高校の三重総合がある。2006年に4校が統合して開校。野球部員数はかつて1学年で30人を超えたが、今年の新入部員は7人だけ。那賀誠監督(51)は「豊後大野市内で目を付けていた選手は5人とも大分市の高校へ入った。全県1区の影響もあると思う」と苦笑する。

 文部科学省によると、昨春時点で24都府県が学区を撤廃。大分県は08年度から「全県1区」を導入して県…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです