メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4(取材後記)練習は無駄を一切省いた1時間半

廃校になった小学校のグラウンドで谷正幸監督(中央)の話を聞く堀川の選手たち=京都市中京区で2018年5月16日、石川裕士撮影

 全く無駄のない練習だった。堀川(京都)の選手はトス打撃を一定時間行うと、短距離ダッシュ代わりの全力疾走をし、すぐにノックを受ける。谷正幸監督(60)はあまり指示せず、選手たちは黙々とメニューをこなしていた。

 一昨年の練習拠点変更が、練習内容も変えた。平日1時間半の練習時間は以前とほぼ同じだが、学校からの移動距離を片道30分から5分に短縮して勉強時間を確保したことで、選…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです