メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4(取材後記)練習は無駄を一切省いた1時間半

廃校になった小学校のグラウンドで谷正幸監督(中央)の話を聞く堀川の選手たち=京都市中京区で2018年5月16日、石川裕士撮影

 全く無駄のない練習だった。堀川(京都)の選手はトス打撃を一定時間行うと、短距離ダッシュ代わりの全力疾走をし、すぐにノックを受ける。谷正幸監督(60)はあまり指示せず、選手たちは黙々とメニューをこなしていた。

 一昨年の練習拠点変更が、練習内容も変えた。平日1時間半の練習時間は以前とほぼ同じだが、学校からの移動距離を片道30分から5分に短縮して勉強時間を確保したことで、選…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. つくば駅 「クレオ」専門店全8店、営業継続断念 閉鎖へ
  2. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 俳優・鈴木瑞穂さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです