メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季東北地区大会 聖光、粘りの優勝 6年ぶり3回目 /福島

 第65回春季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞青森支局など後援)は10、11の両日、青森市営野球場で準決勝と決勝が行われた。決勝は、聖光学院が延長戦の末に東北(宮城)に2-1でサヨナラ勝ちした。聖光学院は6年ぶり3回目の優勝。

     決勝後、聖光学院の斎藤智也監督は「夏に向けて投手陣が仕上がってきた。逆転試合や延長戦を経験できたことも大きい」と大会を振り返った。矢吹栄希主将も「一試合一試合、明日は無理かもと思うほど全力でやり切った。自分たちの粘り強い野球が実践できた」と話した。

     10日の準決勝2試合では、聖光学院が弘前東(青森)に11-4で八回コールド勝ち。東北は八戸学院光星(青森)を9-6で降した。【北山夏帆】

    須田サヨナラ打

     <青森市営野球場>

     ▽決勝

    東北(宮城)

      0000001000=1

      0001000001=2

    聖光学院

     (延長十回)

     (東)中山、阿部宙-阿部真

     (聖)高坂-大松

    ▽三塁打 松本(東)

     聖光学院が投手戦を制した。四回、小室の適時打で先制。同点で迎えた延長十回、須田がサヨナラ適時打を放って優勝を決めた。先発・高坂は7イニングを3者凡退に打ち取る好投を見せた。東北は七回、松本の適時三塁打で同点としたが、あと1本が出なかった。先発・中山は7奪三振と粘ったが、延長で継投・阿部宙が相手打線に捕まった。

    中盤逆転し圧勝

     ▽準決勝

    弘前東(青森)

      31000000=4

      00321122=11

    聖光学院

     (八回コールド)

     (弘)三上壮、一戸、竹内、須藤大-斎藤

     (聖)川口-大松

    ▽二塁打 細川、種市(弘)五味、須田2(聖)

     聖光学院が中盤に逆転し、八回コールド勝ちを決めた。4点を追う三回、矢吹の右前打などで3得点。続く四回に横堀の2点適時打で逆転し、その後も毎回得点で相手を突き放した。弘前東は一回、細川の適時打などで3得点し、先制。二回も種市の犠飛で1点を追加したが、その後は相手の先発・川口に要所を締められた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
    3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    4. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
    5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]