メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

春季東北地区大会 聖光、粘りの優勝 6年ぶり3回目 /福島

 第65回春季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞青森支局など後援)は10、11の両日、青森市営野球場で準決勝と決勝が行われた。決勝は、聖光学院が延長戦の末に東北(宮城)に2-1でサヨナラ勝ちした。聖光学院は6年ぶり3回目の優勝。

 決勝後、聖光学院の斎藤智也監督は「夏に向けて投手陣が仕上がってきた。逆転試合や延長戦を経験できたことも大きい」と大会を振り返った。矢吹栄希主将も「一試合一試合、明日は無理かもと思うほど全力でやり切った。自分たちの粘り強い野球が実践できた」と話した。

 10日の準決勝2試合では、聖光学院が弘前東(青森)に11-4で八回コールド勝ち。東北は八戸学院光星…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです