メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

NHK杯県大会 長崎商、2年ぶり優勝 海星に2-0 /長崎

 第66回NHK杯高校野球県大会の決勝が10日、長崎市の県営野球場であり、長崎商が2-0で海星を破り2年ぶり5回目の優勝を飾った。

 長崎商は七回、中野健斗選手(3年)の内野安打で先制すると、八回は村上飛雅選手(同)の犠飛で追加点を挙げた。海星は4安打にとどまり、得点できなかった。

 長崎商の西口博之監督(57)は「山田(速斗)主将の好投が光った。低めの変化球が決まった」とし、「戦術が身についていない選手の基本練習をしたい」と語った。5三振を奪い完封した山田主将(3年)は、「チームとしては残塁の多さが目立ったことが課題」と話した。【松村真友】

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです